ゼニカルって本当に効くの?

ゼニカルは、食事で摂取した脂肪の吸収を抑える働きがあります。メディアで取り上げられて一般的に広く知られるようになりましたが、その効果はどれほどのものなのでしょうか。

ゼニカルって本当に効くの?

ゼニカルの効果とは

脂肪の吸収を抑えてくれるのが、ゼニカルの効果です。
メカニズムは割とシンプルです。脂肪を分解させるための分解酵素(リパーゼ)の働きを阻害して、腸で吸収出来なくさせてしまうのです。
腸で完全に吸収されれば食べた分のエネルギーが100%そのまま吸収されますが、ゼニカルは摂取脂肪量のうち30%を未消化のまま体外に排出させるので、70%しか吸収されなくなります。一回あたりの食事ならば大したカロリーではなくても、月単位、年単位で見ていけばかなりのエネルギー差になります。
ゼニカルは、男性でも女性でも使う事が可能です。脳に働きかけて食欲を抑えたり、新陳代謝をアップさせて脂肪を燃やすようなダイエット薬もありますが、それよりも多く使われている薬です。
強制的に未消化の状態にするので、腹痛や下痢が起こります。また、脂溶性のビタミンが未消化の脂肪と一緒に体外に排出されてしまうので、脂溶性ビタミンの不足が起こる事があります。脂溶性ビタミンは、ビタミンA・D・E・Kです。これらが不足すると肌トラブルが起きやすくなったり、体がだるくなるなど健康や美容に影響が出てくる事があります。ゼニカルを使う時には、脂溶性ビタミンが不足しないようにマルチビタミンなどのサプリメントも飲んでおいた方が良いです。ダイエット外来などではゼニカルの処方と一緒にもらえる事がありますが、個人輸入で買う時にはマルチビタミンサプリメントも合わせて買っておくと良いでしょう。ちなみに、マルチビタミンのサプリメントは個人輸入でなくても、日本のドラッグストアなどでも普通に手に入れる事が出来ます。
ゼニカルを飲めば脂肪からの摂取量が減り、痩せやすくなります。

●ダイエット治療薬の効果について
オルリガルは脂っこい食生活を好む方に最適
●通販でも薬が買える
ゼニカルで簡単にダイエット
●食べても太らないビーファットでダイエットを成功させましょう!
ビーファット