ゼニカルは、食事で摂取した脂肪の吸収を抑える働きがあります。メディアで取り上げられて一般的に広く知られるようになりましたが、その効果はどれほどのものなのでしょうか。

ゼニカルって本当に効くの?

ゼニカルは子供のダイエットには不向き?

ゼニカルは、子供のダイエット用には作られていません。
ゼニカルは脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害することで、腸から吸収される脂肪の量を減らして、体外に排出させるダイエット薬です。大人が使っても効果が激しく、お尻から油が出る薬として評価されています。
子供に対しては、12歳以上の子供に対しては使っても大丈夫という安全性が確認されています。しかし、11歳以下の子供の使用は安全性が確認されていません。
子供のダイエット目的に安易にゼニカルを使うというのは、避けたほうが良いでしょう。
子供の頃のダイエットならば、横に伸びるのを防いで縦に伸ばしてあげるようにすると良いです。ダイエット器具などを使って親子でトレーニングに励んでみるのも良いでしょう。
子供が肥満になってしまう原因として多いのは、親が肥満になりやすい食生活や運動習慣を持っているケースです。脂っこい食事を食卓にあげる回数が多ければカロリーの摂りすぎになります。お菓子をストックしているならば、簡単にカロリー摂取できてしまいます。
移動には車で、ほとんど歩かないという状態ならば、消費カロリーが少なくなって肥満に繋がります。
とはいえ、外に出るのも億劫という人は、まずはダイエット器具を使って家の中でエクササイズしてみると良いです。子供でも使える軽いダンベルや、エクササイズバンド、バランスボールなどがおすすめです。特にバランスボールは全身の筋肉を鍛えながら、体幹を鍛えられる器具です。子供の好きそうな大きな丸いボールで、遊びながら運動する事が出来ます。
子供を痩せさせたいのならば、まずは親から働きかけてみることが大切です。食事や運動に気を配ってみましょう。